フレンバーショップは、(株)ファングラーコマースという日本の会社が運営しています。

今の時代いろんなことがおこるので、日本の会社だから安心だというわけでもないんですが、なんとなく安心できますね。

リキッドは完全国内生産、デバイスは企画、開発は自社でして海外のメーカーにOEMしているようです。

フレンバーショップは、リキッドの品質にこだわっている!



フレンバーのリキッドは、完全国内生産のFrienbrオリジナルリキッドで、ニコチン・タールフリーが証明されています。

リキッドの製造は、安全性を第一に考えていて、品質管理のしっかりした国内の医薬部外品などを製造している会社に委託していますね。

リキッドの成分は、PG(プロピレングリコール)、グリセリン、香料等が使用されています。

PG(プロピレングリコール)は保湿クリームや歯磨き剤、化粧水やベビー用品、医薬品、食品など幅広く使用されています。

グリセリンは医薬品、化粧品や食品に幅広く使用され人間の体内では中性脂肪にも存在しています。

フレンバーで取り扱うリキッドにはSDS(製品安全データシート)、試験報告書(ニコチン分析)、原産国証明書等がついていて、第三者機関で、ニコチン分析などもしっかりしているので、安心して使えると思いますね。

フレンバーのリキッドは、海外のリキッドのようなくどさがなく、さらっとした感じです。

全体的にあっさりした感じで、ほのかな香りと味を楽しむという特徴がありますね。

このあっさりした感じが、日本人には合うんじゃないかなあ。

吸うアロマディフューザーという感じですね。

リキッドの種類は、メンソール系、フルーツ系、ドリンク系など14種類があります。

最近、花の香りの「花のシリーズ」が発売されました。

気持ちが華やかになるリキッドです。

 

それぞれ特徴があるので、詳しくは下記で確認してみてください。

フレンバーショップで扱っているデバイス(VAPE)

フレンバーショップで扱っている、フレンバーリキッドを吸うためのおすすめのデバイスは3つ。

使用目的に合わせて、誰でも簡単に使えるように工夫されています。

 

フレンバーONE

・リキッド注入式
・ボタンを押しながら吸うタイプ

 

ONEは、デバイスを10色から選べるのがいいですね。

やっぱり、自分の気に入った色のほうがおいしく吸えると思いますから。

 

ONEは、アトマイザーとバッテリーが一体型になったタイプなので、リキッドの注入も簡単です。

吸い口の部分をはずして入れるだけです。

フレンバーONEレビューはこちら

フレンバーショップはこちら

フレンバーCLOUD17

・大型カートリッジタイプ
・爆煙
・吸うだけでスイッチが入るオートスイッチ

大型カートリッジ式の爆煙タイプのVAPEです。

カートリッジ式のVAPEで、これだけ大型なのはcloud17だけじゃないかと思います。

 

蒸気量は、タバコの3~4倍でますね。

蒸気量が多いと吸った感が違いますよ。

 

会社で吸うのはちょっと目立ちすぎるので、自宅でゆったりしたいときに吸ったり、車の中で吸うのにいいと思います。

 

cloud17のカートリッジは、ストロングメンソール、ハードブラストメンソール、マスカットの3種類。

どれもフレンバーのリキッドの中で人気のリキッドなので、まずハズレはないと思います。

フレンバーcloud17のレビューはこちら

フレンバーショップはこちら

フレンバーAIR

・大型USBみたいな外観
・ポッドカートリッジ式

 

最近発売されたフレンバーAIR(エアー)も、かなりかっこいいです。

大型のUSBみたいで、ロゴマークだけなのもシンプルでいい感じです。

 

長さはタバコと同じくらいで、約17gと軽いので、

スーツのポケットに入れておいても邪魔にならないですね。

 

気分転換のための“”ちょい吸い用“”にいいと思います。

フレンバーAIRエアーのレビューはこちら

フレンバーショップはこちら

まとめ

私は、フレンバーはこれからの電子タバコのイメージを変えていくvape専門店だと思います。

とにかく、デバイスもリキッドも洗練されていて、清潔感があります。

 

電子タバコというよりも、アロマディフューザーと考えたほうが、

あっているような気がします。

 

メンソール系のリキッドは、吸いごたえがあるので、

アイコスを吸う合間に吸って、減煙目指すというのもいいと思います。

フレンバーショップはこちら

 

フレンバーショップのデバイスのスペック比較